2022年9月1日木曜日

2022年9月 塩津植物研究所 山野草木展

板室温泉大黒屋では91()より926()まで、塩津植物研究所 - 山野草木展を開催いたします。


 塩津植物研究所は奈良県橿原市に店舗を構え、塩津丈洋さん、久実子さんご夫婦で運営しています。種木屋として活動し、実生、挿し木、取り木など様々な園芸技法を用い、生産した種木から盆栽への仕上げまでを一貫して行っています。また盆栽そのものだけでなく、鉢の販売、草木の治療、植替えや剪定などの教室など、植物にまつわる多岐にわたる仕事を請け負っています。 

 盆栽の世界では、通常盆栽用の植物を育てる種木屋から苗を仕入れて仕立てます。しかし、 塩津さんが志していた「種木屋」とは、植物を種や挿し木から、「一からまるごと」育てて仕立てる仕事。自身の盆栽を「日常の盆栽」と呼び普段の生活の延長先上に草木があり、気軽に育てていくことを楽しむ盆栽の形があるといいます。


 塩津植物研究所のある橿原の敷地内には常時200種以上・3万株もの草木が育てられております。本展示では、奈良の地で育んだ草木たち、塩津さんが種から育てたさまざまな植物、アカマツ、ケヤキ、マユミ、イチョウ、カエデ、セッカヒノキ、ナンテン、ニホンカマツカ、ユキノシタ、サルスベリ、グミなど約50種の植物からなる盆栽を展示いたします。また、花台、盆栽鉢は古いものから、個人の作家ものや製陶所に特別に注文して制作されたものなど、草木と一緒に器の組み合わせも楽しんでいただけたら幸いです。



 塩津さんの盆栽は一般的に人気が高い紅葉や松ばかりではなく、あまり鑑賞価値が認知されていない木も扱ってるのも特徴です。日本の風土に合った日本の草木、身近な植物を楽しんでもらいたいという気持ちが根底にあるお二人の日常の盆栽、ぜひご高覧いただけたら幸いです。また1ヶ月間の展示期間中に、盆栽の入れ替わりも予定しております 

会期 : 2022 年 9月 1日 (木) - 9 月 26 日 (月) 9:00 - 17:00
* 9月3日、9月17日のみ12時から開館いたします。
作家在廊予定日 : 9 月 1 , 3 , 4 日 9月23~26日

※9 26 日には盆栽研究家の川﨑仁美さんをお呼びし、トークイベントを予定しています。 


展示は宿泊以外の方もご覧いただけます。

2022年8月26日金曜日

第225回 音を楽しむ会

 8月の音を楽しむ会はピアノ 阿部海太郎さんによる演奏会を行いました。



今回の演目は...


◯ 庭園美術館のため三つの装飾

香水塔 Tour des parfums

モザイク模様の昼下がり Apres-midi mosaique

楕円形のテーブル Table ovale


◯ 京都四頭

エドワード・ヒースロー Edward Heathrow

沢藤三八子 Miyako Sawafuji

牡丹 Pivoine

夏目漱石 Soseki Natsume


◯ ホテルの情景

ピアノを練習するホテル支配人 Maitre d'hotel

食後のテーブルクロスのバレエ Ballet deTablecloth Ⅰ

日曜日 Dimanche

洗練されたテーブルクロスのバレエ Ballet de Tablecloth Ⅱ


◯ ベルゲンからピレネーまで

北海 North Sea

知らない遊び A game unknown

手 Les mains

バスティーユのアメモヨイ Le ciel de la Bastille entre-deux-eaux

山のハバネラ Havanera de la montagne

楽興の時 Moments musicaux

ルペラージュ Reperage


アンコールには...

Oda Al Verano 夏頌歌



優れた美的感覚と知性から生まれる音楽表現が多方面から評価されている、阿部さん。

「夏目漱石」では、神経症に苦しみながらも、闘病生活をどこか楽しんでいるようにも感じさせてくれる、アップテンポでリズミカルな一曲でした。

アンコールには「Oda Al Verano 夏頌歌」を演奏して頂きました。夏の終わりの寂しさと、次の季節に期待感を覚える一曲でした。

一音一音、丁寧で繊細な音色に聞き入った音を楽しむ会となりました。




次回の音を楽しむ会は9月26日、盆栽研究家 川﨑仁美さんによる演奏会です。

どうぞお楽しみに!

※9月の音を楽しむ会は特別編です。

2022年8月1日月曜日

2022年8月 壺展

 8月1日より大黒屋サロンにて「壺展」が開催されております。

 今回の壺展は現代作家7名によるグループ展示です。作家それぞれの技法、素材から生み出された個性豊かな壺が並びます。是非ご高覧いただけたら幸いです。

会期:2022年8月1日(月)-8月28日(日) 9:00 - 17:00

※展示は宿泊以外の方もご覧いただけます。

展示作家
安齊賢太、小山厚子、谷穹、野口悦士、平井明子、矢野直人、山本亮平

2022年7月26日火曜日

第224回 音を楽しむ会

細井美裕

Nature Manque - なりそこないの自然(2022, 新作)

デバイス設計 / 実装:安藤充人 

音源収録地:板室温泉大黒屋

7月の音を楽しむ会はサウンドアーティスト 細井美裕さんによる特別編。いつもは公演形式で開催している音を楽しむ会ですが、今月は「サウンドインスタレーション」形式での開催でした。サロン内の壁や窓に様々な“装置”を設置しており、磯谷博史展とともに、細井美裕さんによる「音」のインスタレーションを楽しみました。

そもそも、サウンドインスタレーションとは時間よりも主に空間に規定される、音を使う芸術のことであり、室内や屋外に音響を設置することで、その空間や場所・環境を体験させる表現形態をとる作品を指します。

今回は大黒屋の自然などから音を採取し、特殊な装置で「音」を表現して頂きました。



「大黒屋周辺の川、虫、鳥、などの7種の音を窓に貼り付けた振動子
(貼り付けたもの自体をスピーカーにするもの)」


「水琴窟や川の低い音をイメージした音」

「蝉の鳴き声」

「川のサラサラした音」

「水のコロコロした音」

「鈴虫の鳴き声」



一つの空間で同じ音を聞きながらも、様々な思考をさせてくれる「音」。

一人で外を眺め想いに耽る人や、

二人で楽しく会話をしながら音を楽しむ人たちもいました。

普段から身近にある音なのにも関わらず、聞き方を変えるだけでも、感じ方が全然違うのだと、改めて気付かされた正に「音を楽しむ会」となりました。これを機に自然の中の音を聴く楽しみを味わってくださると嬉しいです。




次回の音を楽しむ会は8月26日、ピアノ 阿部海太郎さんによる演奏会です。

どうぞお楽しみに!