2018年9月1日土曜日

9月 山口真人展

本日から大黒屋サロンにて陶芸家山口真人さんの展示が始まりました。



山口さんは桃山時代から歴史的に有名な焼き物の産地として知られる愛知県瀬戸の窯元西山窯の六代目当主として、9つの窯をもつ大きな工房で作陶を行っています。



織部、黄瀬戸、志野、鼠志野、黒織部(瀬戸黒)など瀬戸伝統の技を用いた作品や、灰釉、粉引まで多様な技術を駆使して多くの作品を制作しています。本展でも皿や酒器、マグカップなど日常の器から酒器、茶碗など芸道の作品まで幅広く展示しています。



特にオリーブグリーンの釉薬を用いる織部は山口さんの代名詞ともいえる技法です。楽茶碗に代表される千利休の寂の美学から、歪みや多彩な絵付けへと美意識の革命を起こした織部焼の発祥に想を得、他の焼き物は伝統の枠を守りつつ織部には自身の独自性を投影しているといいます。



大胆な歪みや削り、「琳派織部」と言われる日本の伝統文様を細密に描いた作品などが目を引きます。



旅行が好きだという山口さんの作品には、バリ島で見た葉っぱの形の器をモチーフにしたものやジャマイカ出身の歌手の歌詞を型で押した作品など、海外で見聞きした経験が反映されているものもあます。伝統の中だけでなく、現代の作家ならではの斬新な感性に驚かされます。



国内各地で展示を行ってきた山口さんですが、栃木県内では初の個展となります。200点弱の作品をご覧になれる機会に是非お運びください。
公式Facebookにてより多くの写真を公開しております。
是非ご覧ください。
大黒屋公式Facebook

2018年8月28日火曜日

第185回 音を楽しむ会


8月の音を楽しむ会はヴァイオリン漆原直美さんとヴィブラフォン/パーカッション/ピアノ服部恵さんによる演奏会が行われました。お二人は大学卒業後、ライブ演奏等で一緒に活動してきた旧知の仲だそうです。漆原さんは「大黒屋という素敵な空間で楽しく演奏したいです。クラシック楽曲をクラシックでない演奏法で演奏しますのでお客様にも楽しみを発見していただければいいなと思います。」と話していただきました。


1曲目ジャズのスタンダードナンバー「タイガーラグ」をヴァイオリンとヴィブラフォンのリズミカルな掛け合いで演奏されました。時々聴こえてくるポワンポワンというヴィブラフォンの音色に癒されました。

2曲目は漆原さんのソロ曲、バッハの「プレリュード~無伴奏パルティータより~」。ヴァイオリンの真髄ともいえる美しい音色が奏でられ、華やかな音楽の世界へ入り込むような1曲でした。会場のお客様もググっと世界に惹きこまれていくように見えました。


次はクラシック楽曲を他ジャンルにアレンジメントした3曲を披露していただきました。マスネ「タイスの瞑想曲」はスローテンポでメロウな優しい味わいの楽曲。Jフィナ「Bumble-Boogie~熊ん蜂より~」は直線と曲線的な音色が融合したクイックな楽曲。ブラームス「子守歌」はスッと眠りについていくような心が安らかになる楽曲となっていました。いずれの曲も二人の心が繋がって心地よい音楽が表現されていました。



6曲目は服部さん作曲「Thunder Jack」。当日の板室の空にも大きな入道雲が見えていましたが、厚い雷雲を思わせるような重厚感あるメロディーが轟きました。音がお腹に響くような臨場感がありました。

7曲目アイルランド民謡の「ロンドンデリー」が演奏される頃には陽も傾いて大黒屋の庭が青みがかっていました。曲を聴いていると夜の星空を予感させるような穏やかさを感じました。星座の煌めきのように一つ一つの音が響いているようでした。


8曲目は漆原さん曰く太っちょの髭を蓄えた大きな男の人がヴァイオリンを速弾きするイメージの「マスタッシュ」。服部さんはジャンベ(大きな木をくり抜いたものにヤギの皮が張られた打楽器)とピアノを使い分けて演奏されました。生命の鼓動のように逞しく打音が鳴り、強くしなやかにヴァイオリンの奏音が響いて会場を一気に盛り上げていました。


9曲目「Dear」は「大切な人を想って聴いていただけたら嬉しいです」と漆原さんが作曲した楽曲。目を閉じて聴きたくなるような温かい情緒ある音色で会場を魅了していました。

10曲目はパガニーニの「カプリス」。ヴァイオリンの音色から目で見えるような肌で触れるような質感を感じました。音がものの存在感を持っているようなとてもリアリティーのある楽曲でした。


アンコールはモンティの「チャルダッシュ」。躍動的なハイスピード演奏から最後はゆったりと広がりのある柔らかい音色が織りなされ会場を大いに沸かせました。

暑い時期が続いていますがお二人の演奏を聴いて爽やかで清々しい時間を過ごすことができたと思います。バラエティーに富んでいて心がはずむような素晴らしい音を楽しむ会でした。



次回の音を楽しむ会は9月26日(水)、ソプラノの森田克子さんです。
どうぞお楽しみに!

2018年8月10日金曜日

涼をもとめて 板室のひんやりクールスポットを歩く

稀に見る猛暑の折、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
大黒屋でも日中は暑い日がつづきますが、朝晩は20度くらいまで下がって夜はクーラーを使わずに過ごすことができます。山と川からの自然の冷気が板室をつつんでくれているからですね。



自然豊かな板室には、暑い日でも自然の冷気に包まれて涼しさの感じられるクールスポットがいくつもあります。それらクールスポットを巡る45分ほどのお散歩コースをご紹介いたします。


1ヶ所目はお庭から階段を降りてすぐの那珂川の川原。山から流れ出す清水が流れる川原は、30度を超える日でも20度後半とかなり涼しく浅瀬では川遊びを楽しむことができます。8日の立秋前後にはススキが穂を出し、黄色い月見草が花開くなど秋の風情も涼を添えてくれます。


2ヶ所目は保養の館に向かう湯川にかかる橋の上。川の冷たい水から立ち上ってくる冷気で橋の上はいつも涼しく、橋の目の前にある漆の木は板室で一番始めに紅葉します。


3ヶ所目は北の館前を左に曲がり、温泉神社の参道入口。入口に立つ観音様の周りは森からの冷気が爽やかで、脇から流れ出る湧き水のチョロチョロという音にも涼しさが感じられます。


4ヶ所目は温泉神社入口よりさらに道を奥に進んだ湯川の堰を望むことのできる橋の上。知る人ぞ知る穴場のクールスポットですが、板室で一番涼しくいつでもひんやりとした空気が感じられます。堰を流れ落ちる勢いの良い水の音は目を閉じると滝の近くにいるような気持ちになります。


那珂川に注ぎ込む湯川

お散歩コースは那珂川方面だけ、または別館方面だけならそれぞれ20分ほど、両方歩いて45分ほどです。涼しさとともに自然の豊かな恵みを感じられる夏、ぜひ板室にお運びくださいませ。


2018年8月5日日曜日

山本雄基 アートを語る会

大黒屋での個展は今回で5回目、現在サロン展示中の山本雄基さんによるアートを語る会が行われました。プロジェクターで作品のイメージを見ながら制作について説明があり、独自の絵画論を熱く語っていただきました。


最初に、〇が特徴的な作品の制作過程について説明がありました。見える〇と見えない〇の層を積み重ねて構築される作品は「見えないけど感じる」ことを強く意識して制作されるそうです。見えるけど見えない、裏と表、明と暗、対立する要素をいかに「融和」させていくかが制作のポイントだといいます。シンプルな〇を使っていますがプロセスは奥深いなと感じました。


次に大黒屋という場を考えた今回の展示についてお話がありました。板室には自然の風景がパノラマのように広がっていて大黒屋は横の力が強い場所だそうで、過去3回の展示では横構図の作品をメインに展示していました。それに対して縦の力は人間が2本足で大地に立ったり塔やビルが建っているように人工的な要素を持っていて、今回はメインの作品を縦構図にしてどのように大黒屋の場と「融和」させていくか考えたそうです。


山本さんは現代美術作家として作品制作していることを強く自覚しているそうです。現代美術は一見するとどうやって見たらいいのか分からない要素を持っています。しかし、その「分からない」ことが「おもしろい」のだといいます。美術の歴史を勉強するうちに絵画特有のおもしろさを発見してその世界観に惹き付けられたそうで、絵画の表現手法の可能性を信じて今まで制作を続けてきたとお話しました。


実際の絵画制作をプロジェクターに映したイメージで実演しながら説明していただきました。絵の中で空間をコントロールしながら奥にあるものを手前に見せたり、見えている形と空間の矛盾を生み出す作品の仕組みの説明では、お客様から「おぉ~」と驚きの声も聞こえてきました。メインの作品についても説明があり、〇の配置で縦や横のラインが見えるように意識して制作されたそうです。



山本さんの作品は人工(=縦)と自然(=横)の存在を一つの画面に存在させ、人の目の錯覚を利用して矛盾が生じる画面構成になっています。しかし、絵を見ていると心が落ち着くような爽やかな気持ちになります。知性で捉えきれない矛盾ですが、感性によるバランス感覚では心地よさを生み出しています。これが山本さんのいう「融和」を目指した絵画の魅力ではないかと思いました。合理的な仕組みで成り立っている現代社会を感性の目で見つめてみたらどうだろうか、というメッセージを受け取ったようにも感じられたアートを語る会でした。



山本雄基さんの展示は8月30日(木)まで行われます。どうぞお運びくださいませ。

2018年8月1日水曜日

8月 山本雄基展

本日から大黒屋サロンにて「山本雄基展」が始まりました。



山本雄基さんは2010年に第5回大黒屋現代アート公募展で大賞を受賞されたのち、
ドイツでのレジデンスを経て現在国際的に作品を発表されているアーティストです。
大黒屋での展示は1年半ぶり、5回目となりました。


アクリル絵の具で円を描き、透明なアクリルメディウムの層を重ねてまた円を描くことで平面の中に重層的な奥行きが生み出される。また、絵の具を塗らずに層を重ねる無色のvoidの部分をつくることで有と無の多重の意味合いが広がっていく。



じっくり見ることにより様々な要素がみつかり、それでいて捉えどころのない曖昧さと法則性を感じさせる絵画は大黒屋の松の館客室にも飾られており、大黒屋のお客様にも長らく親しんでいただいています。山本さん自身、お客様が作品から様々な想像をしていらしゃるのを聞くととても興味深いそうです。



本展で出品される作品は縦長の構図の作品が多く、大黒屋の場に調和させることを考えた作品が出品されています。大きな円と同じ存在感を小さな円に持たせるような作品やvoidの下に色を入れず、層の中に隠れるような作品など1つ1つの作品に異なる制作過程の法則が潜んでいます。



最近新しい制作スタジオにうつり、アーティスト同士で共同で運営を行うようになって日々多くの刺激を受けるようになったという山本さん。丸というモチーフや制作理念を貫きながら日々進化を続ける作品をぜひご覧ください。



アーティストトークは3日(金)20:00〜21:00。展示は30日まで開催しております。
フェイスブックにてより多くの会場写真を掲載しております。ぜひご覧ください。
大黒屋公式Facebook

2018年7月29日日曜日

第184回 音を楽しむ会


7月の音を楽しむ会は志野流香道21世家元継承者 蜂谷宗苾さんによる「聞香の会」が行われました。昨年に引き続き2回目のご出演です。プロジェクターで映像を見ながら香道についての説明があり、お手前を披露していただきました。


香木は日本で入手できずベトナムやラオス、カンボジアなど東南アジアで採取できるそうです。育つには100~200年かかり、ジャングルの中から原住民の方に採ってもらう、とのこと。香木がいかに貴重な素材であるかが分かり、香道が茶道や華道と違って限りがある文化だという緊張感も感じました。




動物や植物、虫や花、香木1本にも心があり人間を見て声を発しているそうで、香を聞く時は自然に任せ心の耳を澄ますことによってその地球がつくりあげた声、自然の声が聞こえてくるといいます。とくに蜂谷さんは香を聞く時に先祖の方々と対話をしている感覚があるそうです。21代目の家元として生まれ500年の歴史を背負っているからこそ、香の中に人の魂を感じることができるのではないかと思いました。人が自然になって語りかけるという日本文化的精神を感じた一場面でした。



蜂谷さん曰く「香りを聞く時、手の中に小宇宙を感じる」という体験をお客様にもしていただきました。3つの香のうち1つだけ違う香を聞き分けて当てるというゲームを行いました。お客様が順番に香りを聞き分けていく中、会場が仄かな優しい香りで包まれていきます。香りを聞くと、どこか懐かしい記憶の旅に出ていくような、暖かい場所に帰ってくるような感覚になりました。お客様もリラックスされたご様子で自然と笑みがこぼれていました。


「自分は香りの使者だと思っています、香りを聞いて皆さんに笑顔になってほしいです。人と人、国と国を繋ぐことで地球が丸く包まれる。香りで包まれた世界で戦争がなくなりずっと平和であればいいなと思います。そしてシンプルにいうならば、自然をものを人を心を大事にすること、愛情を持つことが重要ではないでしょうか。」

今回、聞香を体験して人は香を聞くと優しい気持ちになれると実感しました。蜂谷さんの仰るように世界はもっと優しくなれるのではないかと思います。海外でも幅広く活動しておられる蜂谷さんの姿を見て、その日は近いのではないかと希望を強く感じる「聞香の会」でした。





次回の音を楽しむ会は8月26日(日)、ヴァイオリンの漆原直美さんです。
どうぞお楽しみに!

2018年7月22日日曜日

瀬沼健太郎 アートを語る会

現在サロン展示中の瀬沼健太郎さんによるアートを語る会が行われました。プロジェクターでこれまでの作品と身の回りの風景を見ながらお話していただきました。


作品制作の信念として「切り取ってみる」ことを大事にしている瀬沼さん。「観察」と「技術」が重要だといいます。

「身体の動きの痕跡がガラスに残っていく」ことで造形される器。
「綺麗に動くと綺麗にできるんですよ。すぐに形ができるのではなく繰り返し繰り返し素材との折り合いをつけてなじむのを待つ感じ。ガラスがなるように、なるように。抑え込まないようにしています。醸すといいますか、種をまいてそうなるのを待つような。」



「作っている時、ガラスは1300℃の水飴状になっていて直接は触れません。重力や遠心力を駆使しながら形を作っていきます。」

「陶器は大地、竹籃は風だとするとガラスは花にとって『水』だと思います。花を生けることで自然の空気感、湿気のような瑞々しさを表現したいのかもしれません。」とガラスと花の関係についてお話をした後、実際に花を生けていただきました。


「器と花の調和を目指して生けます。器の口は波紋のイメージで、花を高く生けて軽くしたいですね。花は野にあるように。」


華道の流派について独自のお話もしていただきました。
「伝統的に学び伝えることも大事で、型を繰り返すことで見えてくるものもあると思います。しかし入口が形から入ることに僕は違和感を感じました。もったいないなと。身の回りの風景を自分で見て感じて生けることが大事だと思います。」


「作ることは確かめること」と語る瀬沼さん、最後に〇△□に言葉を入れて表現していただきました。
○わ △へん □ムロ
の中でへんムロで醸す】
「わ(環、和)」=自然界の循環や調和のこと。
「へん(欠片)」=自然から切り取った形、つまり花。
「ムロ(室)」=「ガラスの器」で醸す。

瀬沼健太郎さんの展示は7月30日(月)まで行われます。どうぞお運びくださいませ。