2020年10月1日木曜日

2020年10月 上野友幸展 「花蝶風月」

10月1日より大黒屋サロンにて、美術家 上野友幸さんによる個展「花蝶風月」が開催されております。

上野さんは、東京芸術大学大学院先端芸術表 現修士課程修了後に渡独。ベルリン芸術大学にてマイスター課程を修了。現在もドイツ・ベルリンを拠点に活動しています。日常的に存在するものの形態やイメージと歴史的な彫刻的構造や 絵画的イメージを対峙又はミックスさせることで、イメージや彫刻が認識に与える原理、特性について探求しています。 


上野さんは、自身の作品制作について以下のように述べています。

「私たちの日常に存在する「形態」と、歴史的な「彫刻の構造」を重ねることで、芸術にリアリティーを与え、同時に日常の眼差し(認識の枠組み)を変えたいということが、私の作品制作における動機である。通常、我々は世界を認識するときに自分と世界、自分と他者のように二元論で考えているのではないだろうか。それに対して、禅の教えでは自分も世界も他者も全てが一つであると捉えると言われている。それは食を通して無数の命を自身に取り込むように、生と死が繁殖とともに繰り返されるように、人も空気も宇宙の全てが分子で構成され、その分子が入れ替わっているように、世界が一つだと捉えることは理にかなっている。しかし、我々の知識は物事を分けて、そして対立させることで成り立っている。」

大黒屋では初めての個展となる本展では、近年手掛けている大理石プレートとアクリルマウントの写真を組み合わせたシリーズや、化石の彫刻シリーズなど、新作11点を含む全18点を展示いたします。この機会に、ぜひご高覧いただけたら幸いです。

会期:2020年10月1日(木) − 10月30日(金) 9:00 - 17:00
作家在廊予定日: 1,2日
※展示は宿泊以外の方もご覧いただけます。




2020年9月26日土曜日

第207回 音を楽しむ会

 9月の音を楽しむ会はピアノ 菅野潤さんによる演奏会を行ないました。

今回披露していただいた曲の共通テーマは「旅」、作曲者が旅の中で生み出した音楽の内容が多く含まれています。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲「ピアノソナタ第8番イ短調 KV310」では 煌びやかな街並みを颯爽と歩くようなメロディーが印象的でした。

フレデリック・ショパン作曲「前奏曲集全24曲 作品28」、この前奏曲には”決して来ることのない本題に対する前触れ”という意味が込められています。廃墟の聖堂に光るガラスの華奢な景色、など24の光景を映し出す音楽世界が鮮明に美しく会場で響いていました。

アンコールはショパン作曲ワルツ第9番変イ長調作品69-1「別れのワルツ」を爽快な旋律で演奏していただきました。

菅野さんが奏でる音楽世界を十二分に堪能できた音を楽しむ会となりました。       ご来場いただいた皆様ありがとうございました!



次回の音を楽しむ会は10月26日(月)、ソプラノ 森田克子さん です。
どうぞお楽しみに!


2020年9月5日土曜日

2020年9月 小森邦衛 展

9月1日より大黒屋サロンにて「小森 邦衛 展」が開催されております。


小森さんは石川県輪島生まれ、2006年に「髹漆」の人間国宝として認定されました。
「髹漆(きゅうしつ)」とは漆を箆や刷毛で素地に塗ることをいい、素地を堅牢なものにするための下地を施した後、様々な上塗り(仕上げ)をします。小森さんは下地から上塗りまですべての工程を行い、漆本来の持つ美しさを長年追求しています。


その技は「籃胎(らんたい)」という細い竹を編みこんだ器に生かされ、表面に凹凸がある為に研ぐことができない網代にも、刷毛目を残さず、なめらかな底艶のある塗りに仕上げています。また自身で真竹を切り出して乾燥させ、細かく削魏、それを花編み、開き編み、閉じ編みなどを駆使し、曲輪で縁を作る工程まで、全て自身の手で行っております。重要無形文化財保持者として技術の高さをみることができます。


大黒屋での本展示では、籃胎、網代、曲輪、重箱、盆、椀、酒器など、貴重な作品およそ80点を展示いたします。脈々と続いてきた日本最高峰の技をぜひご覧ください。また、小森さんが長年続けていらした俳句の作品10点を特別に展示いたします。俳人としての側面もお楽しみいただけるこの機会にご高覧いただけましたら幸いです。


会期:2020年9月1日(火) − 9月29日(火) 9:00 - 17:00
作家在廊予定日: 1,2,3, 19,20日
※展示は宿泊以外の方もご覧いただけます。


2020年8月29日土曜日

第206回 音を楽しむ会

8月の音を楽しむ会は太鼓集団 天邪鬼のみなさんによる演奏会をお庭にて行ないました。


舞に合わせて両隣の太鼓を叩く演奏が印象的な「武人」は板室の山間に心地よく音が響き渡りました。


笛や小太鼓、鉦の明るい囃子の中で獅子が登場した「江戸寿獅子」ではお客様の頭に噛み付く(=神付く)縁起の良いパフォーマンスを披露していただきました。


「自然の中での和太鼓体験」と題して、お客様にも太鼓を叩いていただきました。3つのリズムに合わせて皆様楽しく演奏されていました。


最後は川波が激しく迸り波飛沫を上げるようにダイナミックな「怒涛」、繰り返される強い鼓動が心臓に轟いてくる感覚と出演者の方々の気迫に感動しました、素晴らしい演奏でした。


板室の自然を舞台にして迫力ある太鼓の音を堪能できた音を楽しむ会となりました。
ご来場いただいた皆様ありがとうございました。


次回の音を楽しむ会は9月26日(土)、ピアノ 菅野潤さんです。どうぞお楽しみに!

2020年8月6日木曜日

2020年8月 生形由香 展

8月1日より大黒屋サロンにて「生形 由香 展」が開催されております。


生形さんは、陶芸の産地、栃木県益子町で作陶されています。
愛知県立窯業高等技術専門校を卒業後、益子町の窯元にて3年ほど就職。
その後、陶芸家、鈴木稔氏の工房スタッフを経て2008年に独立。2011年に自身の工房を構えて現在に至っております。


生形さんの作品の多くは、繊細な紋様が施されております。自身の身近にある、木や植物などを参考に独自の模様や、中国、インド更紗から文様を参考に描くこともあります。繊細で美しい陰刻紋様(文字や模様を凹形に彫り込む陰刻)、陽刻紋様(文字や模様それらが浮き出るように彫刻する陽刻)を使い分け、一つ一つ手彫りで丁寧に施しているため、それぞれの表情が異なります。また印刻の凸凹に流れる独特なマットな質感の釉薬が生み出す美しいグラデーションは、紋様に陰影を生み出しています。


作品は東南アジア、中近東、インドなどの様々な文化の要素は不思議と日本文化も連想させ日本の美を感じます。大黒屋では、初めての個展となる本展では、花器、お皿、ポットやコーヒーカップなどおよそ100点を展示しております。
ぜひ、この機会にご高覧いただけたら幸いです。


会期:2020年8月1日(土) − 8月30日(日) 9:00 - 17:00
作家在廊予定日: 22,23日
※展示は宿泊以外の方もご覧いただけます。


2020年7月28日火曜日

第205回 音を楽しむ会

7月の音を楽しむ会はテノール 猪村浩之さん、ピアノ 大坪由里さんによる演奏会を行ないました。


大坪さんの旋律と庭の雨音が呼応した「献呈」シューマン=リスト作曲、猪村さんの優しい祈りの歌声が響いた「アヴェ・マリア」シューベルト作曲、心がしっとりする清らかな水の流れを感じました。

「ネッラファンタジア」モッリコーネ作曲、平和を願った詞が青々とした空に広がり雲になる、音楽の情景が爽やかでした。


「スタンドアローン」久石譲作曲 と「いのちの歌」竹内まりや作詞/村松祟継作曲 は曲の主題と猪村さん、大坪さんのメロディーから織り成された美しい音楽模様が心にじんと染み渡るようでした。


陽が傾いた黄昏の板室で煌く「星に願いを」ハーライン作曲、沈んだ気持ちをも照らしてくれる「スマイル」チャップリン作曲、活力が湧いてくるような温かさを感じました。

最後は「ユーレイズミーアップ」ラブランド作曲 を披露、逞しく美麗で壮大な音楽世界に感動しました。


アンコールは「小さな空」武満徹作曲、故郷の赤く焼けた夕暮れの空、幼い記憶が思い出された素敵な曲と、猪村さんらしく太陽のように熱く燃える「オーソレミオ」をドラマティックに披露していただきました。


猪村さんと大坪さんの多彩な楽曲を堪能できた音を楽しむ会となりました、ご来場いただいた皆様ありがとうございました。


次回の音を楽しむ会は8月26日(水)、太鼓集団 天邪鬼 のみなさんです。
どうぞお楽しみに!