2019年6月4日火曜日

6月 拝宮和紙 中村功 展

6月1日より大黒屋サロンにて「拝宮和紙 中村功 展」が開催されております。


中村功さんは徳島県那賀町拝宮という標高600m、四国の南東部を流れる那賀川の支流に沿った自然豊かな山間地で拝宮和紙の伝統を守りながら制作を続けておられます。


中村さんは楮の繊維質な表情が出たパリッ、ピリッと破れる「寒(かん)」とした紙質にこだわりを持って制作されており、紙漉きをする時期は冬の間、上質な谷水と、原料は自身で栽培している楮【成長が遅く繊維が短いため紙にした時に密度が高い赤楮(アカソ)】を100%使用しています。拝宮の村の高齢化と過疎化問題、暖冬によって楮の成長が早まり赤楮本来の特徴が出ない、動物による自然被害など様々な障害を乗り越えて制作を続けてきたそうです。



江戸時代末期に最盛を迎え、先祖代々受け継いできた拝宮の紙漉き文化。村の小学校が廃校になると決まり、村の未来に危機感を感じた中村さんは27歳の時に紙漉きを始めました。未来への活路があると信じて村のため今日まで活動を続け、今や全国、海外にまで活動範囲を広げておられます。



自然に出た紙の曲がりや楮の繊維に接着力があるため紙がもつれた表情など「自分が全てに手をかけるのではなく紙から自然を引き出して拝宮和紙をどう表現できるか、ということを常々考えながら制作してきた」風土の変化により昔と同じ作り方はできない中で拝宮和紙の文化と実直に向き合い取り組み続けてきた中村さんの和紙からは心地よい手触りと温かみを感じることができます。


本展では伝統的な和紙、原紙、障子紙、紙布、大紙や、桜や柿渋などの草木染め、普段の生活にも使いやすい、便箋、封筒、懐紙、一閑張の花器、敷板、ライトスタンドなどを展示販売いたします。また、楮の皮など素材自体を大胆に活用したり紙を300枚重ねた平面作品など、手漉き和紙ならではのダイナミックな作品群もご覧いただけます。この機会にぜひお越しください。
展示は6月29日(土)まで開催、作家在廊日は6月29日です。
会期中の休館日:6月5,6, 18,19,20日

2019年5月31日金曜日

re:planter 村瀬 貴昭 展 公開植栽「Live-planting」

「re:planter 村瀬貴昭展」は昨日終了しました。会期中は多くの方にご来館いただきありがとうございました。
昨夜は、展覧会のクロージングイベントとして、特別に村瀬さんによる公開植栽「Live-planting」を開催いたしました。アンビエントな音楽が流れる中、道具を巧みに美しく扱い植栽する姿は茶道のお点前を見ているような。美しい時間が流れました。





今回、大黒屋では初めてとなる植物の展覧会、新緑の季節でもありスペースコロニーの中の植物たちも元気に育ち、水やり、剪定などお手入れしながら楽しい一月間となりました。









2019年5月28日火曜日

第194回 音を楽しむ会

真夏日の天気になった板室にて5月の音を楽しむ会はピアノ北村晶子さんとソプラノ松原有奈さんによるオペラと昭和歌謡を織り交ぜた演奏会が行われました。


眩しい陽ざしに映える板室の木々の緑と調和するようなヘンデルの歌劇「セルセ」より”なつかしい木陰”をオープニングで披露、太陽の香りを運ぶ風のように爽やかな曲でした。


プッチーニの歌劇「トゥーランドット」より”お聞きください、王子様”と「蘇州夜曲」は曲の背景が中国という共通点があり北村さんがこの2曲を編曲して演奏されました、オペラと歌謡曲が相互に魅力を引き出し合う様子は北村さんと松原さん御二方の関係にも見て取れて相乗効果で曲のメロディーが響き合うように感じました。

昭和28年の「君の名は」と質問に答えるようにプッチーニ歌劇「ラ・ボエーム」より”私の名はミミ”を披露、ピアノと歌声から湧き上がる音楽の流れはまるで滝のように壮大に涼しげに会場に響き渡っていくようでした。


ピアノソロ、ファリャの「恋は魔術師」より”火祭りの踊り”、音の屏風がリズミカルに生み出され続けていくように美しく華やかな展開が最後まで繰り広がり、夜空に燃え上がる炎が情景として鮮烈に残る曲だと感じました。

「川の流れのように」ここまでの楽曲演奏で築きあげた音楽世界を綺麗に包み込む極光のように弧を描き重なり音楽が輝いて心に染み入る歌声が印象的でした。


松原さんが幼少の頃から大好きで歌っていた「ブルー・ライト・ヨコハマ」とロドリーゴの「アランフェス協奏曲」を融合した曲を披露、この2曲はコード進行が似ていると北村さんが発見したそうで、曲の最後には必殺仕事人のテーマがさらりと組み込まれておりユニークな楽曲でした。

「銀座カンカン娘」ではお客様と一緒に歌う場面があり会場は盛り上がっていました。

ピアノソロ、”男はつらいよ”変奏曲、曲の合間にモーツァルトやショパンの楽曲が織り交ぜられカラフルな音色の水滴が跳ねるように音の質感を感じる曲でした。


最後は歌姫をテーマにした「喝采」とプッチーニの歌劇「トスカ」より”歌に生き、恋に生き”、悲しい歌姫を形作るように感傷的なメロディーと心を抉られるような迫真の歌声が印象深く、演奏会の余韻を残しながら音楽が会場に響いていきました。

北村さんの楽曲編曲による音楽の新しい楽しみ方と松原さんのすき透るように響く歌声を堪能できた音を楽しむ会となりました。



次回の音を楽しむ会は6月26日(水)、中橋健太郎左衛門さんによる大黒屋オペラです。
どうぞお楽しみに!

2019年5月8日水曜日

5月 Re:planter 村瀬貴昭 展

5月の展覧会はゴールデンウィークをはさみ、4月25日より「Re:planter 村瀬貴昭 展」が大黒サロンにて開催しています。




京都在住で植栽家の村瀬さんは幼少期にお祖父様の盆栽、10代の中学生の頃にアクアテラリウム、青年期に希少植物コレクター、それら独学を経て2012年よりソロプロジェクト「Re:planter」を開始されました。

Re:planter とはRecycle(再生)×Plants(植物)×player(者)という意味、活動として消費社会における自然からの返信(Re:)をテーマにあらゆる植物と人工物を融合し理にかなった植栽表現を探求することが挙げられています。


代表作「SpaceColony」シリーズは忙しい生活と小さな住空間で暮らす現代人の新たな中庭照明として制作され、植物は光源のLEDと数週間に1度の水やりで育成、鑑賞者は球内で生成し変化する様々な生命を身近に感じることができるようになっています。

月面に環境循環や宇宙空間に居住空間を作るスペースコロニー計画のように植物の生命循環空間を作ることがテーマになっており、村瀬さんの "植物に対して多少手をかけてあげたりお世話をする方が人にとって良いのではないか" という思いが込められています。


作品タイトルはユーモア溢れるものが多数あり村瀬さん曰くイメージのインスピレーションは "植物から人間へ発信された宇宙信号のようなもの" だそうで、SpaceColonyが作り出す独特の不思議な癒し空間をより一層味わい深く感じることができます。


本展では "日常生活の中に植物を持ち込むことで生きものがどう変わっていくか、生きものをどう見立てていくか" という村瀬さんのメッセージを感じながら作品を鑑賞できるようにサロン空間から客室内も含めて館内広々と展示をしています。植物をメインとした展覧会は大黒屋では初の試みとなります、ぜひ会場でご高覧いただき本展ならではの空間を感じていただけましたら幸いです。



10連休のゴールデンウィークが終わりまして新緑が気持ちのよい穏やかな季節になってきました。ぜひ板室温泉までお越しください。
展示は5月30日(木)まで開催、作家在廊日は5月30日です。
会期中の休館日:5月8,9, 22,23日


*

2019年4月27日土曜日

第193回 音を楽しむ会

新緑が映え始めてきた板室にて、4月の音を楽しむ会はテノール上原正敏さんとピアノ出田晶子さんによる演奏会が行われました。これまで大黒屋で様々なジャンルの楽曲を歌ってきた上原さん、今回のテーマは「初心」ということでクラシックの楽曲を真摯に歌いたいという思いが込められているそうです。


朗らかで陽気な雰囲気の「ラ・セレナータ」、温かみある「美しい人の周りに 美しき君は我が心のすべて」、「オンブラ・マイ・フ」は静寂な海のように。曲間の上原さんのユーモア溢れる楽曲説明のお話でお客様も楽しく笑っておられて、会場は温かい空気感に包まれていました。


上原さんが冒頭場面の絵描きの演技をされて歌い始めた「妙なる調和」、出田さんの音色が雨音のように心に染み入る前奏から始まるオペレッタ「微笑みの国」、お二人の演奏によって生み出された優しい音楽の世界観がとても印象的でした。



海外へ旅立った時に感じた少し怖い感じとワクワク感を込めて歌う「ウィーン、わが夢の街」、子育てを終えた親がこれまでを振り返るようにして歌う「揺籠のうた」、上原さん独自の経験と解釈から表現される楽曲は聴いていて心地よいものでした。


平成最後の音を楽しむ会に平成ヒット曲を、ということで歌っていただいた「千の風になって」は静かな音色と歌声で始まり中盤から終盤にかけて大きな風の流れを感じさせる壮大な展開になっており心を強く打たれました。
アンコールの「忘れな草」は演奏会の余韻を感じながら気持ちよく聴くことができて心が穏やかに落ち着きました、お二人の優しい人柄を感じた温かく心地よい演奏会でした。



次回の音を楽しむ会は5月26日(日)、ピアノ北村晶子さんとソプラノ松原有奈さんです。
どうぞお楽しみに!

2019年3月29日金曜日

第192回 音を楽しむ会

春の気配漂う板室にて、3月の音を楽しむ会はヴァイオリン青木高志さんとピアノ弘中美枝子さんによる演奏会が行われました。お二人は学生時代からの友人で、今回は青木さんが大好きな楽曲群を演目にしたそうです。


バルトーク:ルーマニア民族舞曲。木々の枯葉のような隙間を感じる寂しげな音色、港に映る青々とした水面の漣、異国情緒溢れる街並の風景、ヴァイオリンとピアノの華麗な曲展開によって頭の中の景色が次々と塗り替えられていく感覚を味わうことができ、とても新鮮な気分になれました。


ショーソン:「詩曲」作品25。愛の勝利の歌ともいわれているこの楽曲は、画家と音楽家と女性の三角関係の物語を綴ったものだそうです。儚さと哀愁と愛執感じる静かなヴァイオリンとピアノの掛け合いによって物語が紡がれ、クライマックスでは登場人物の強い思いが雷鳴となって甲高く轟き鳴り響いていく、音楽による迫真の表現を感じることができました。


ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番作品78。まどろむ、たゆたう、とろける、無重力の宇宙空間を浮泳しているような感覚、意識と無意識の狭間の夢にいるような感覚、幻想的なメロディーは最終盤で調和を生み出し一つの音楽世界を表現していたように感じました、音楽でしか表現できないものが確かにあるのだなと思い涙が出て感動しました。


アンコールはタイスの瞑想曲、会場のお客様もうっとりしながら耳を傾けて聴いておられました。お二人のヴァイオリンとピアノが生み出す確かな音楽世界を感じることができた素晴らしい演奏会だったと思います、感動しました。



次回の音を楽しむ会は4月26日(金)、テノールの上原正敏さんです。
どうぞお楽しみに!

2019年3月2日土曜日

3月 黒川大介展

3月1日より大黒屋サロンにて黒川大介展が始まりました。



福岡県出身の黒川さんは昨年栃木県市貝町に転居し工房を設立されました。吹き硝子の技法で制作される作品は多様なシリーズで構成され、それぞれに違った表現が特徴的です。

「宙のうつわ」「銀河」「熔変銀河」3種類ある銀河シリーズの作品は銀の粒と色ガラス(青と黒)を用いて作られています。色ガラスと銀の反応を試す中で宇宙の表情が出たことを突き詰めて最初の「宙のうつわ」が生まれ、黒川さんの代表作となっています。光にかざすと黒紫に透けて美しい景色を見ることができます。



口元が切子になっており銀箔を貼り付けた部分に還元炎をかけることでアイボリーの色味を出した「月のうつわ」、粉状ガラスを盛って焼くことを繰り返して月面のような表情を見せる「黒曜」、透明な器にサンドブラストをかけてもう一度焼き内側のテクスチャーに沿って金彩や銀彩を施す「望」と「朔」など様々な技法から立ち現れる作品群は幻想的な空間を作り出しています。


「自分にしか出せない色を出したい」という思いが込められた最新作の「星虹」シリーズでは今までにない赤や緑の色ガラスを用いて新しい星々の輝きが表現されていて、掌のサイズ感を大事にして作られる黒川さんの器からは小宇宙の引力を感じることができます。展示は3月30日(土)まで開催しております、ぜひ会場で作品を手に取ってご高覧ください。


板室は暖かく過ごしやすい気候が続いております、ぜひ大黒屋までお運びください。

会期中の休館日:3月5,6,7, 19,20,21日

2019年2月27日水曜日

第191回 音を楽しむ会

2月の音を楽しむ会はテノール猪村浩之さんとピアノ大坪由里さんによる演奏会で、暖かい日が続く板室にて春をテーマにした演目を披露していただきました。


大坪さんのピアノソロ1曲目ヨゼフ・スク作曲「春」は5つのパートからなる組曲です。序盤の旋律からは温かで朗らかな大地や爽やかな風を感じました。中盤は曇天を思わせる重低音が鳴り響き、終盤へ向かうにつれ晴天のように明るく軽やかなメロディーへと昇華していきました。


生死がテーマとなっているベドジフ・スメタナ作曲「マクベスと魔女たち」、亡くなられたお父様への思いを込めた演奏から迫真の音色が響いて心が惹き込まれました。


猪村さんはレオンカヴァッロ作曲「Lasciati amar ~あなたが愛されますように~」とクルティス作曲「忘れな草」を披露。伸びやかな歌声で歌い上げ、会場から大きな拍手が沸き起こりました。


竹内まりや作曲「いのちの歌」は静かで優しい歌声が心に沁み渡り、お客様と一緒に大きな声で歌った「早春賦」は会場が活気に満たされて大きな一体感が生まれました。


エディットピアフ作詞「バラ色の人生」は猪村さんがお客様に手を差しのべて叙情的に熱く歌ってお客様から投げキッスが飛ぶ場面もあり会場は大いに盛り上がっていました。


最後はシークレット・ガーデン作曲「ユーレイズミーアップ」。猪村さんが最初に日本語で歌詞を朗読してから歌い始めました。脳裏の記憶に響くように頭がジーンとなり、心臓の鼓動のようにピアノと歌声が鳴り合い、二人の思いの波動が会場へと広がっていきました。命の煌めきを表現したとても感動的な1曲でした。

アンコールでは猪村さんが上着をとって颯爽とステージに再登場後「とても君を愛してる」を披露、曲のメロディーと袖を捲って爽やかに歌う猪村さんの雰囲気がとてもマッチしていました。心が温かくなるような音色がとても印象的で春の息吹を感じた素晴らしい音を楽しむ会となりました。



次回の音を楽しむ会は3月26日(火)、ヴァイオリンの青木高志さんです。
どうぞお楽しみに!

2019年2月2日土曜日

2月 今井貴広+宮澤有斗展

2月1日より大黒屋サロンにて今井貴広+宮澤有斗展が始まりました。



今井さんは神奈川県出身、東京造形大学造形学部卒、大黒屋で3年勤めた後、現在は農業を営みながら美術作家として活動しています。

宮澤さんは栃木県益子町出身、岩手大学教育学部卒、大黒屋で4年間勤めた後、生まれ育った益子にもどり作陶しています。


今井さんは都市近郊(都市部と地方の間の環境)で生まれ育ち、文明と自然の関係性についてこれまで考えてきたといいます。作品は文明的な材料を用いて自然のコントロールできないことや意識できないものをモノに置き換えて表現しているといいます。



窓などに使われる文明的な素材としてのガラスを用いたこの作品は大黒屋の特徴的な黄土の壁を見せるために作ったとのこと、作品を観て外の庭(自然)へ意識を流す役目があるそうです。文明的なガラスを意図的に割ることで自然のコントロールできない現象を起こして文明の領域にあるガラスを自然の領域へ移したといいます。ガラスの割れ目に貼られているテープをよく見ると真っ直ぐな部分(目的に見合った合理的要素)とビリビリに破れている部分(目的を無くした野生的要素)があります。


宮澤さんは陶芸と染色をされているご両親のもと、自然の素材が身の回りに多くある環境で生まれ育ちました。今回の展示では素の色、素の形、素の自分を表現し、自分を見つめる場にしたいと考え作陶してきたといいます。


手捻りと轆轤成形を使い分けながら白磁や銀彩、鉄釉を使った黒の器、磁器と陶器の間の絶妙なバランス感覚の白器、父宮澤章の技法を受け継いだ刻陶シリーズなど多様な器があります。またこれまでの展覧会などで見せてこなかったオブジェ作品も今回の展示で観ることができます。



大黒屋という場でお互い切磋琢磨してきた二人の展示は心がほっとするような優しい空間になっており、それぞれに自然との向き合い方が表現されています。

両作家によるアーティストトークは2月18日(月) 20:00-21:00。
展示は2月27日(水)まで開催、両作家在廊日は1,17,18,27日です。
板室ならではの冬景色もお楽しみいただけます。ぜひ大黒屋までお運びください。

会期中の休館日:2月5,6,7, 19,20,21日