2019年10月14日月曜日

10月 小山厚子 展

10月1日より大黒屋サロンにて「小山厚子 展」が開催されております。


小山厚子さんは、岡山県、備前焼の中心地・伊部に工房を構え、父、小山末廣氏と共に作陶されています。生まれ育った備前の土の魅力を引き出すことに向き合い、土と対話するかのような独特の轆轤使いによって歪んで見えるようでバランスの取れた、微笑ましくもあり渋い佇まいは唯一無二の存在感です。近年は、備前の土を活用した色絵、粉引、志野など様々な作品を発表し注目を集めています。


今年で作陶20年目、「作ることが好き」だと語る小山さん。釉薬を使わず焼き方によって変化をつける備前焼は焼きによる生地の”ぬけ”(器を重ねて焼いた時に出る表情)が綺麗かどうかなど素材の土の自然な味わいを引き出すことが大切だと言います。


轆轤制作は「ひきながら良い形、面白い形を見つける」、手の感覚を辿りながら直感的に悩み探究する作業を繰り返す様は問答のようなもので学びの結果として形が表れることは制作の喜びにも繋がっているそうです。


先に手が動いて作られた形に後で名前をつけたという動物シリーズは今年の夏500体制作したそうで、新しい仕事は短時間で行い一瞬の感覚を見ること、”今”に反応することを常に意識していると言います。


本展では、今までの作品を掘り出して時間が経って見るとまた違う見方ができて新しいものを作りたくなる、という小山さんの創作活力に満ちた作品群、緋襷、窯変をはじめ、人気の銀彩や粉引色絵、紅志野など、10年以上前に制作したものや最新作など合わせておよそ130点を展示いたします。備前の文化と小山さんの独創性が融合した器をぜひ会場で手にとってご覧いただければ幸いです。

会期:2019年10月1日(火)− 10月30日(水) 9:00 - 17:00

2019年9月30日月曜日

第198回 音を楽しむ会

9月の音を楽しむ会はソプラノ 西田真以さんとピアノ 中ノ森めぐみさんによる演奏会が行われました。今回で3回目の出演、西田さんがイタリア留学時代によく歌っていたオペラ作曲家ドニゼッティとイタリア歌曲の作曲家トスティの2人に焦点を当てて1800年代のイタリアロマン派音楽の世界を披露していただきました。



ドニゼッティは「ドン・パスクアーレ」や「愛の妙薬」など、喜劇オペラをいくつか書いた一方で当時有名だった小説や歴史的な出来事を題材とした悲劇的なオペラも多く作曲して、あまりの悲しさにヒロインの精神が錯乱する様子を技巧的に表現した狂乱の場は彼の得意とするもののひとつでした。


「ドン・パスクアーレ」より “あの眼差しに騎士は”
陽気なオペラ「ドン・パスクアーレ」の第1幕で若い未亡人のヒロイン ノリーナが、恋愛小説を読みながら、自分もその物語の女性のようにどんな男性の心も操れるのよ、といたずらっぽく歌う独唱。西田さんの歌声が作る世界は迫真的で美しいもので表現力の素晴らしさを感じました。


「アンナ・ボレーナ」より“私の生まれたあのお城....邪悪な夫婦よ”
イギリスのヘンリー8世に着せられ、死刑を待つロンドン塔から最終幕のこの場面が始まり、この独唱は語りのレチタティーヴォ、心情を語ったアリア、怒りの最終節のカヴァレッタと三部構成になっています。雷鳴のように甲高く切り裂くような悲しみを帯びた歌声から物語の場面が頭の中に連想されて、会場の雰囲気も物語の世界に入っていくようでした。


中ノ森さんのピアノソロはレスピーギ作曲「6つの小品」より 第3曲  “ノクターン”。ピアノの旋律が月の弧を描くように、綺羅星が鏤められた夜空の美しさを語っているようで、夜想曲の煌びやかな世界が繰り広げられました、感動しました。


後半は近代イタリア歌曲の創始者と言われる作曲家トスティの歌曲カンツォーネを披露。トスティは歌詞となる詩をとても大切にしていて、イタリア語の語感はもちろん曲のメロディ自体がまるで詩を読み上げるかのようにとても自然に作られています。

「夢」あなたが愛に溢れた眼差しで私を見つめ跪く夢を見た。固い決意も虚しく心は奪われ、手を伸ばしたその時、貴方は夢とともに消えてしまった、というロマンチックな歌。

「薔薇」本に挟まった野ばらの押し花を見つけ遠い昔のあっという間に去ってしまったひと時の恋を懐かしく、愛おしく思い出すそんな甘酸っぱい歌。


「アナタをもう愛さない」別れたばかりの恋人にまだあふれんばかりの愛情とそして憎しみを激しく伝えていて、歌詞の中で繰り返される、まだ君は覚えている?というフレーズにまだ癒えない心の傷と冷めない思いを感じます。ひしひしと伝わってくる感情が鮮明に響いてきました。

「理想の人」もう2度と会えないであろう愛する人との楽しかった日々を思い出し、その人を讃え、もう一度会いたいと強く願うとても温かい曲。

「暁は 光と闇とを分かつ」イタリアの最も有名な詩人の1人である、ダンヌンツィオの詩によるもので夜が明ける瞬間を詩的に描いた一曲です。闇にとどまりたい思いと、永遠の太陽を待ち望んでいた気持ちの両方が見事に描かれていて、演奏会の終曲として壮大に会場に響き渡りました。


アンコールは「落葉松」。お二人の歌声と音色が心にじーんと沁みてくるようで、言葉一つ一つ、メロディの一音一音が心地よく伝わってきた素晴らしい演奏でした、感動しました。
秋の雰囲気に包まれた板室にてお二人の美しい音楽の世界を披露していただいた音を楽しむ会となりました、お越しいただいた皆様ありがとうございました。




次回の音を楽しむ会は10月26日(土)、チェロの黒川正三さんです。
どうぞお楽しみに!

2019年9月6日金曜日

矢野洋輔 展 「寝ている木、踊っている木」

9月1日より大黒屋サロンにて、第13回大黒屋現代アート公募展大賞受賞者の矢野洋輔さんによる個展「寝ている木、踊っている木」が開催されております。


矢野さんは、京都生まれ、2014年京都市立芸術大学美術学部工芸科漆工専攻卒業後、同大学院を2016年に修了。在学中から木の素材に魅了され、木の素地のみで作品を作るようになりました。桂、楠木、欅、栗、檜、銀杏、栃など、様々な木を使用し、年輪、木目、ふし穴や割れなど、木の素材本来の要素を活かしながら、木彫作品を制作しています。


制作行程として木の硬さ、色、木目などの性質に合わせて感覚的に彫り進めていきます。表れる形は普段何気なく見ているもの(動物の肉体や無機物、日常や自然の風景)が微妙に融合されたもので、作品の見え方を限定しているわけではないそうです。パンや植物、人の顔や動物に見えるものなど鑑賞者によって作品から多様な表情を感じ取ることができます。
実際にご覧になっているお客様から予想外の感想をいただくことができ、見る人によってこんなにも違って見えるのかと驚くと同時に大変面白いことだと感じました。


使用する道具は主に彫刻刀やノミで、木を削るとシャープな断面から滑らかでツヤのある表情と心地よい木の香りが出てきます、矢野さん曰く「刃物の跡が木をより自然に際立たせる」そうです。植物や花の要素を抽出した小さいパーツが点在する繊細な作品ではパーツ全てに真鍮の芯が入っており押しピンのようになっていて、作って貼ってを繰り返し行い制作されます。木本来の形に近しい大胆な作品では自然素材と自分のせめぎ合い、木の硬さによる抵抗感や元々のサイズ感を大事に制作しているといいます。
木を彫って量を減らしてできる作品をパンのように膨らんでできた柔らかいものに見せたり、逆に石のような固いものに見せたり、素材の変換についても関心を持って「木も石と同じように積み上げたい」と話す矢野さんからは表現の可能性を追い求める強い意志を感じました。


自然の素材を用いて人がモノを作ることに関心がある、
作品とは人間が恣意的に与えた形で抽象的にしろ具体的にしろ両方とも人工物である、
本展のタイトルの意味として、「寝ている」とは「静、自然に在ったもの」、「踊っている」とは「動、自分が木を加工すること」で、自然と人工のせめぎ合いをテーマにしている矢野さんの思いが込められています。
観ることが作ること、日々の観察から生まれるモノについての情緒や感覚が自ずと作品に出てきたらベスト、だと語る矢野さんの制作スタイルから生まれる今後の作品の発展が楽しみです。


本展示では、新作を中心に旧作も合わせておよそ20点の作品を展示いたします、「言葉にできないが絶対に感じられるもの、景色が語るものがある」と話す矢野さんが心に残るものを書き起こすように真摯に制作した作品群をこの機会にご高覧いただけましたら幸いです。
展示は9月29日(日)まで開催、ぜひ板室温泉大黒屋までお越しくださいませ。


また、今回はリーフレットに、横浜市民ギャラリーあざみ野の主席学芸員、天野太郎氏に寄稿文をいただきましたので、こちらも合わせてご一読頂けますと幸いです。





2019年8月30日金曜日

第197回 音を楽しむ会

8月の音を楽しむ会は笛 福原寛さん、囃子 山田崇さん、三味線 味見優さんによる演奏会が行われました。


最初は福原さんの笛による「会津幻想曲」。山深い会津の猪苗代湖に影を落とす磐梯山、その山の後ろから聞こえてくる会津の唄はこだまが返るように心に響く曲。笛の音色によって頭の中で徐々に立ち現れてくる霧がかった山々の風景が印象的で、板室の空気感と調和した音色が心地よく響きました。



山田さんと味見さんも登場して演奏された「囃子と三味線で綴る日本の四季」は、厳かな新春の寿ぎの舞と「三番叟(さんばそう)」による”春”、華やいだ祭囃子の音による”夏”、秋草の野に聞こえる笛の音と虫の声が相まって深まる”秋”、しんしんと降る雪夜は人恋しく、ほのかな明かりのなか静かな時が流れ、やがて外は吹雪の様子になる”冬”、とそれぞれに表現されました。
音が色彩を持って語りかけてくるようで、河原に舞う桜の花びらと爽やかな陽光、煌びやかな祭りの灯、燃えるように美しい紅葉の景色、雪に覆われた白銀の世界、春夏秋冬それぞれに明瞭なイメージが伝わってきました。板室の四季の移ろいが感じられる曲群でこれから始まる秋の紅葉が楽しみになるような印象を受けました。


福原さん作曲「深山幽谷」は俗界を離れた清浄な地である「仙境」と森羅万象を超越したような存在に思いを馳せ、文殊菩薩の使いとされる霊獣「獅子」を合わせた曲。神々しく厳かに奏でられる音色は気が引き締まるような緊張感があり轟々と体の中心に響いてくるようでした。



最後は福原さんが広島原爆ドームへの鎮魂の曲「ドームの祈り」を披露されました。今なおその惨劇を生々しく伝える広島の原爆ドーム、夕日に映えるドームはまるで中東のモスクを思わせるような影のみ落とす。鎮魂の祈りはやがて子守唄となり、静かに響き渡る。未来へ語り続ける原爆ドームへ平和の思いを込めて。
福原さんが平和を切に願うように、粛々と祈りの音色を奏でられた姿がとても印象的で胸に沁み入るように感動しました。


板室の爽やかな空気感と四季の移ろいが感じられた美しい音色の数々、御三方が奏でる厳かで臨場感溢れる音楽世界に感動した素晴らしい演奏会でした、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。



次回の音を楽しむ会は9月26日(木)、ソプラノ 西田真以さんとピアノ 中ノ森めぐみさんによる演奏会です、どうぞお楽しみに!

2019年8月7日水曜日

8月 渡辺 遼 & 須田 貴世子 展

8月1日より大黒屋サロンでは、長野県飯島町にて制作する金属造形作家による二人展
「渡辺 遼 & 須田 貴世子 展」が開催されております。


渡辺 遼さんは武蔵野美術大学、空間演出デザイン学科卒業。鉄や銅、真鍮などの金属を使い自然物のような気配をまとったオブジェを主に制作しています。厚さ1mmの鉄板を切り出し、木臼と木槌で叩いて形作り、溶接により立体にし仕上げた作品は、手にもつと石ころのような質感。中には3つの石粒が入っており、鉄と小石による優しい音が出ます。


どこにでもある石などの自然物(身近な造形)を具体化した空洞のオブジェ。作家になる前は工員だったという渡辺さんは同じような気配の工業製品を通してモノの価値観について考えるようになったといいます。石の造形を用いた理由として「価値がなかったものをモチーフに作ったらどうなるか」という価値観の見直し、そして新しい価値の発見を試みようとしたそうです。


毎年制作するという代表的な黒のオブジェ、手に取ってみると石粒が中をコロコロ転がって爽やかな音色が鳴り、持つ箇所によって共鳴具合が異なり音の響き方も変わります。人がモノに対してアピールを変えることでどの様にでも応えてくれるこの作品は、手に取った人が繊細な感覚で質感や音などの機微を楽しめるようになっています。

真鍮で制作した作品は大黒屋前を流れる那珂川付近で拾った石を使用しているそうです。


須田 貴世子さんは東京芸術大学大学院鋳金専攻卒業。金属鋳造による、ブロンズ作品、オブジェや日用品を制作しています。作品は自身の生活の身近にある、植物や山、空の風景などをモチーフにしたオブジェや、花器や敷板などの日用品、ペンダント、帯留など身に付けられるものなどがあります。鋳造は金属を溶かし、鋳型に流し込んで成型するとても手間のかかる手法ですが、経年変化として徐々に変わっていく色合いを楽しむことができます。

銅・亜鉛・錫の合金でできているブロンズを用いる理由として須田さんは、形の再現性が高く作りたい形になってくれる、流しやすく流れやすい、緑青は色の幅が出しやすいなど様々な利点を挙げてくださいました。蝋を原型とした石膏型の鋳物でつくられる作品は「日常生活の中から生まれた疑問」を掘り下げて形にしたものだそうです。


真鍮・針金・麻紐でできた線材を用いた作品は大黒屋の場に合うようにと軽やかなイメージで制作されたそうで、ベルの作品は手に取ると涼しげな心鎮まる癒しの音色が響きます。シャンパンのコルクを型取りした作品では中央アルプス、南アルプスなどの山をモチーフに制作、夜更けの山に神秘的な月が浮いている情景を物語として楽しんでほしいとお話されていました。

現在の長野の住まいは周囲に自然が溶け込んでいる環境で、消失原型の作品は自宅の敷地にある畑から実際に採った植物(柿のへた、空豆、トマト、夏椿、胡桃など)を用いているそうです。作品になるものは「形として残しておきたいもの」と語る須田さんならではの視点で捉えた日常の小さな発見が作品を味わい深く魅力的に引き立てています。


渡辺さんと須田さん共に作品素材と自らのバックボーンをリンクさせて、日常に隠れた価値や発見を大事にして制作されていることがとても印象的でした。ぜひお二人の作品を会場で手に取ってご覧になり楽しんでいただければ幸いです。


本展示ではお二人の作品およそ150点がご覧いただけます。
展示は8月30日(金)まで開催、この機会にぜひご高覧ください。